2007年3月28日 (水)

天使の服

 一昨日、30万円のブラウスが世の中にあることを知った。
 http://www.ermannoscervino.it/splash.html?lang=en
 (そして、ERMANNO/SCERVINOをクリックし、次に、”COLLECTIONS”すると、項目が表示され、その中の”WOMAN”の”S.S.2007“の”SHOW”をクリック。そして、開いたページの写真の一番左)
 そして、昨日、「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」に行った。
 最初の「受胎告知」の大天使ミカエルのブラウスとこの30万円のブラウスの構造をほぼいっしょ。
 http://www.leonardo2007.jp/
 わかりづらいかもしれませんが、要するに二の腕の部分に、シャーリング(生地を縫いちぢめた飾り、糸を引き締めてギャザーを寄せたもの)が入っており、肩と腕に膨らみを持たせた「袖」を作る。
 この「袖」デザインを持ったブラウスは、イタリアの縫製職人によるイタリアの伝統的装束だったのです。
 天使さまのブラウスかぁ。
 
 そして、電車に乗る。卒業式シーズンで、女の子たちの、着物、袴姿を見かける。
 成人式には、おんなの子たちは「振り袖」を着る。今の世の中で成人式に、高松塚古墳の壁画の「女子群像」のような着物を着るひとはいない。
http://www.asukanet.gr.jp/ASUKA2/TAKAMATUTUKA/takamatutuka.html 
 しかし、このよう出で立ちも「天女」の表現で、それを受け継いだものが「振り袖」「袴」でしょう。
 成人式や卒業式に際してみんな「飛び立って」ゆこうとしている。それを表わす姿で、式にのぞむ。天女たちの集まるときだ!

 「振る袖の…」など、「あの女性(ひと)が袖を降ると…」という歌は、万葉集や中世の和歌にも、また謡の歌詞にも、山のようにある。その「花の袖」が美しいなど。
 
 「袖を振る」というと、いわゆる「別れを惜しむ」とか「舞う」というイメージも込められている。
 天女さまがやってきて、「さぁ、夢から覚める時間ですね。私はまた天に帰ります」などと言って、私たちに背を向けて、天に飛び立つ。離陸するわけで、「袖の下」に浮力をためて、袖を翻す。
 その姿を装束として、人々は綿々と描いていった。その歴史を思う。

 このイタリアのブランドのブラウスは、70年代に一世を風靡したアイドル歌手なども顧客とのことですが、さすがです。そりゃ、彼女たちは「歌姫」ですから、「当然の成り行き(たどり着くべき場所)」だったのでしょう。

| | コメント (3) | トラックバック (1)