« 私の心はあなたとともに | トップページ | 長歌 四首 »

2019年4月 9日 (火)

私のおばあさん

 やあ、大切な人々の家よ、

 そこに住んでいる人たちはどこへ行った?

 彼らは私をひとりにして去って行った。鍵を置いていかずに。

 いくつもの夜は、過ぎ去っても、彼らは、私の心の中に来なかった。

 彼らの匂いは、未だに私の頭の中にある。

 私の大切な人たちは、いつあなたのもとにいたのかわからない。

 

 ライラ、ライラ<少女は井戸の水を汲みに行った。

 あなたは、私の心を燃え上がらせる。どうか挨拶して答えてください。

 彼女は大家族からやって来た。娘は気さくで寛容だ。

 ああ、神よ、私の信じるもの、彼女と運命を共にする人とならせてください。

 

 私の愛する人、あなたのザクロ、私の愛する人、私の運命の人。

 あなたのザクロのような頬は食べごろ。あなたがわたしのものになれば。

 ああ、彼は、窓の下を通り過ぎてしまった。

 人々は言った。「彼の心は燃えてしまった」わたしは「これは私の愛する人」と言った。

 

 おお、ザリーフ・アットゥール、話すのを待ってください。あなたは、外国へ行こうとする。でもあなたの国にいる方がいいじゃないですか?

 私は、愛する人が行ってしまうのが心配です。あなたは、ほかの社会で暮らす、そして私を忘れる。

https://www.youtube.com/watch?v=XDr51TRvyAw

|

« 私の心はあなたとともに | トップページ | 長歌 四首 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私の心はあなたとともに | トップページ | 長歌 四首 »