« 白拍子 5 | トップページ | ガザまたは天国 »

2018年9月23日 (日)

真名井の巫女

日本海に面した京都、京丹後に網野の村があります。そこに磯村という漁師の里があり、そこは静の生誕地の一つとして知られています。その浜には朝鮮半島から茶碗のかけらや生活品などが流れ着いています。土左衛門(溺死者)も流れ着くと言われています。
 その海岸線を東北に辿ってゆくと、間人(はしうど)というところがあります。ここは聖徳太子の母親の穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)の生まれ故郷と言われています。間人(はしうど)は間(あいだ)の人というのは、国際人という意味で、様々な言語を話す人々が船を着けるところであったようです。その近くには、竹野神社というかぐや姫伝説の場所があります。そこは「斎院(さいいん)」であり、神に仕える神女が潔斎をしていたところとされています。
 さらに東に海岸線を辿っていくと、経ヶ岬(きょうがみさき)があります。ここは、現在アメリカ軍基地があり、Xバンドレーダーが配置されています。ここは朝鮮半島の最短距離にあり、ミサイルの早期警戒地として最適と考えられたからです。
 網野から今度は、南に下ると比沼麻奈為(ひぬまない)神社があります。ここにある比沼山(ひじやま)の真名井(まない…聖泉)の水を送るためにかけ渡した管「かけひ」に、女神が現れました。真名井を守る巫女は、不老不死の聖泉は月から持って来ましたと翁に歌います。
「万葉集三二四五番歌」
 天橋も長くもがも 高山も高くもがも 月読(つくよみ)の持てる復若水(おちみず)いとり来て 君に祀りて をち得しむもの
<訳:天へ通う橋はいくらでも長くあればよい。高い山もいくらでも高くあればよい。そうすれば、月読の神が持っているという若返りの水を月から取ってきて、あなたに差し上げて、若返らせてあげることができるのだから。>
「万葉集三二四六番歌」
 天(あめ)なるや 日月の如く 吾(あ)が思へる 君が日にけに 老ゆらくも 惜しも
<訳:天にある日や月のように、私が思うあなたさまが、一日一日と あきらかに老いてゆくことが惜しいですよ。>
祇王の生まれ故郷は、野洲(やす)。銅鐸が多く出土され、そのうちの一点は日本最大。出土数は鳥取に次ぐ。古墳も多くある。静の生まれ故郷である京丹後網野の弥生時代から米、機織り、勾玉が作られていた。ともに平安時代において「古代からの土地」であり、その出身地者が白拍子でもあった。いにしえの年月を忘れさせないために彼女たちは現れたのだ。
白拍子からの贈り物
2018年9月23日(日)
17:00 open 18:00 start
演奏:桜井真樹子(白拍子)、藤木友美(龍笛)
前売り¥3,000 当日¥3,500 (和菓子と1ドリンク付き)
場所:chaabee 〒135-0032東京都江東区福住1丁目11-11
ご予約お問い合わせ:makiko _puti@mac.ocm 090-6034-7716(桜井)

|

« 白拍子 5 | トップページ | ガザまたは天国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真名井の巫女:

« 白拍子 5 | トップページ | ガザまたは天国 »