« 2017年10月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月23日 (日)

真名井の巫女

日本海に面した京都、京丹後に網野の村があります。そこに磯村という漁師の里があり、そこは静の生誕地の一つとして知られています。その浜には朝鮮半島から茶碗のかけらや生活品などが流れ着いています。土左衛門(溺死者)も流れ着くと言われています。
 その海岸線を東北に辿ってゆくと、間人(はしうど)というところがあります。ここは聖徳太子の母親の穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)の生まれ故郷と言われています。間人(はしうど)は間(あいだ)の人というのは、国際人という意味で、様々な言語を話す人々が船を着けるところであったようです。その近くには、竹野神社というかぐや姫伝説の場所があります。そこは「斎院(さいいん)」であり、神に仕える神女が潔斎をしていたところとされています。
 さらに東に海岸線を辿っていくと、経ヶ岬(きょうがみさき)があります。ここは、現在アメリカ軍基地があり、Xバンドレーダーが配置されています。ここは朝鮮半島の最短距離にあり、ミサイルの早期警戒地として最適と考えられたからです。
 網野から今度は、南に下ると比沼麻奈為(ひぬまない)神社があります。ここにある比沼山(ひじやま)の真名井(まない…聖泉)の水を送るためにかけ渡した管「かけひ」に、女神が現れました。真名井を守る巫女は、不老不死の聖泉は月から持って来ましたと翁に歌います。
「万葉集三二四五番歌」
 天橋も長くもがも 高山も高くもがも 月読(つくよみ)の持てる復若水(おちみず)いとり来て 君に祀りて をち得しむもの
<訳:天へ通う橋はいくらでも長くあればよい。高い山もいくらでも高くあればよい。そうすれば、月読の神が持っているという若返りの水を月から取ってきて、あなたに差し上げて、若返らせてあげることができるのだから。>
「万葉集三二四六番歌」
 天(あめ)なるや 日月の如く 吾(あ)が思へる 君が日にけに 老ゆらくも 惜しも
<訳:天にある日や月のように、私が思うあなたさまが、一日一日と あきらかに老いてゆくことが惜しいですよ。>
祇王の生まれ故郷は、野洲(やす)。銅鐸が多く出土され、そのうちの一点は日本最大。出土数は鳥取に次ぐ。古墳も多くある。静の生まれ故郷である京丹後網野の弥生時代から米、機織り、勾玉が作られていた。ともに平安時代において「古代からの土地」であり、その出身地者が白拍子でもあった。いにしえの年月を忘れさせないために彼女たちは現れたのだ。
白拍子からの贈り物
2018年9月23日(日)
17:00 open 18:00 start
演奏:桜井真樹子(白拍子)、藤木友美(龍笛)
前売り¥3,000 当日¥3,500 (和菓子と1ドリンク付き)
場所:chaabee 〒135-0032東京都江東区福住1丁目11-11
ご予約お問い合わせ:makiko _puti@mac.ocm 090-6034-7716(桜井)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月22日 (土)

白拍子 5

集団的自衛権の行使が可能となった安全保障関連法案が、衆参で可決された2015年ごろから、知識者の間で、イギリスの作家ジョージ・オーウェルの「1984年」作品が取り上げられ、「ついにオーウェルの1984年が訪れた」と語られるようになった。「1984年」は、さらに共謀罪法が可決された2017年には、現実化を帯び、小説の中のセリフを私たちは何度も耳にするようになる。「1984年」は、ウソのような未来の姿が、今、現実に起こりつつある「予言書」として、今でも多くの人に語られている。

 2016年のアメリカの大統領選挙でトランプが勝ったことが、信じられないと思う人々が多かった。まさかあんなただの金持ちが、と。しかし、ある一部のアメリカ人の中にはちゃんと心構えがあった。ついにアイン・ランドの「肩をすくめたアトラス」の時代がやってきたのだと。社会的善行思想が経済の衰退を引き起こすであろう、それを止めるのは、才能ある人々の「倫理をわきまえたエゴイズム」であると。1957年の出版以来、アメリカで年間15万部は売れているというロングセラーであり、「一般読者が選んだ20世紀の小説ベスト100 」の第1位でもあり、聖書についでアメリカ人が「人生でもっとも影響を受けた本」とも言われている。とすれば、「ある一部のアメリカ人」ではない。多くのアメリカ人がトランプの到来を予感していたことになる。「肩をすくめたアトラス」は、21世紀のアメリカを予言した20世紀の最大の予言書となってしまった。

 まさかと思う未来を予言する小説がある。

 時の権力者に真っ向からものが言える者の定義がある。それは、はるか古の時代から「預言者」であるということ。その預言のために、悲劇の運命を背負うのが預言者でもある。預言者であるがゆえに、先行きを考えたり、忖度する小賢しさを持ち合わせていない。預言がゆえに、告げなければならない宿命があるだけだ。そして白拍子は告げる「あなたの世はくだらない」と。日本の中では、巫女(シャーマン)、占い師と呼ばれるのかもしれない。しかしこのような能力を持つ人の言葉に、耳を傾ける権力志向者は未だに多い。

「あなたの世は滅びます」と歌い舞うことは間違いではない。これは予言ではなく、「盛者必衰のことわりをあらわす」のだから。

 

白拍子からの贈り物 
2018
923日(日)
17:00 open 18:00 start
演奏:桜井真樹子(白拍子)、藤木友美(龍笛)
前売り¥3,000 当日¥3,500 (和菓子と1ドリンク付き)
場所:chaabee 135-0032東京都江東区福住1丁目11-11
ご予約お問い合わせ:makiko _puti@mac.ocm 090-6034-7716(桜井)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月21日 (金)

白拍子 4

「二人静(ふたりしずか)」という世阿弥の作といわれている能があります。

 これは吉野の勝手神社(かってじんじゃ)に、菜を摘んでいる女が現れるのですが、彼女に静の霊が乗り憑(うつ)ります。さらに静そのものが現れて、静の霊が乗り憑った菜摘の女と二人で、足拍子を踏みながら、舞の袖を返したと歌います。「二人静」では、勝手神社はその昔、天武天皇が吉野に逃げてきたところで、天武天皇が五節舞を見たのはここであると設定しました。そこに降りた静の霊。白拍子が五節舞を舞ったという謂(いわ)れをもとに、二人の静が舞ったという。「二人静」の場合は、静の霊が乗り憑った菜摘みの女は、神女の乗り憑った白拍子、静の霊こそ白拍子の舞を見て、天から降りてきた神女、という構図があります。ときの権力者が所望する舞は、神女を降ろすことにできる白拍子の舞。その思いが世阿弥に「二人静」を作らせ、足利義満に、今は亡き白拍子の舞を見せれば、世阿弥の歌舞の力を買ってくれるだろうと思ったのかもしれません。

 

白拍子からの贈り物 
2018
923日(日)
17:00 open 18:00 start
演奏:桜井真樹子(白拍子)、藤木友美(龍笛)
前売り¥3,500 当日¥3,800 (和菓子と1ドリンク付き)
場所:chaabee 135-0032東京都江東区福住1丁目11-11
ご予約お問い合わせ:makiko _puti@mac.ocm 090-6034-7716(桜井)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

白拍子 3

踏歌、五節舞、そして舞楽の舞の手を学んだ舞妓(ぶぎ)たちは、第二回の内宴の儀のあと、宮中から追い出されます。平家物語の「祇王」によれば、「あそびもののならひ、なにかくるしかるべき。推参(すいさん)して見む」と、あそびもの、つまり芸を持った人間は、推参(すいさん…自分の方から相手のところに押しかけること)をしても、構わなかったようです。それを追い払うか、呼び入れるかは、家人次第だったのです。

 その白拍子を呼び入れたのが平清盛、源頼朝、そして寵愛したのが源義経、後鳥羽上皇。白拍子は「五節舞(ごせちのまい)」や「踏歌(とうか)」など、国を治めるものこそが見る神女や天女の舞を心得ており、それを見ることによって、権力を目指すものたちは縁起を担げると思ったのかもしれません。

宮廷舞踊を舞う白拍子は優雅であり、また王たる運気を運ぶ「神聖」が白拍子の歌舞には残されていたのかもしれません。

 

  白拍子の服装は、白の水干(すいかん)という上着、緋(ひ)の床を引き摺るような長袴(ながばかま)、黒く漆を塗った立烏帽子、五本の骨で作った蝙蝠(かわほり)という扇、白の鞘巻(さやまき)を帯刀していたことが、いくつかの資料で見ることができます。

 

 平家物語に「祇王(ぎおう)」という白拍子の物語があります。これは仁安三(1168)年、平清盛が出家をした後の出来事です。

 同じく平家物語には、白拍子「千手前(せんじゅのまえ)」が、処刑を前にした平重衡(たいらのしげひら)と歌や楽を交わしたと語られており、これは寿永二(1183)年。

 吾妻鏡(あずまかがみ)には、白拍子の静が鶴岡八幡宮で、源頼朝と北条政子の前で歌い舞ったのが文治二(1186)年と記されています。白拍子が記述として盛んにでてくるのも、この平安末期です。

 今回の演奏会では、この白拍子「祇王(ぎおう)」「千手前(せんじゅのまえ)」「静(しずか)」が歌い舞ったとされる演目を中心にご披露いたします。

 

 祇王は、時の権力者、平清盛に「仏も昔はひとなりき 我等(われら)も終(つ)いには仏なり 三身仏性(さんしんぶっしょう)具(ぐ)しながら 隔つる心のうてなさよ」直訳すれば、どんな人でも最後には悟りを開いて仏性を得るのに、それぞれを隔てることに納得がいきません、となりますが、ここで祇王が清盛ははっきりと言ったのは、「美人だの若いだの、そんなことがあなたの女性の寵愛の物差しのようだが、どんな人にも『心』というものがあるのだ」ということです。浅はかな権力者の愚かさを本人の目の前で歌い舞いあげました。

 千手前は、東大寺を焼き討ちした平重衡(たいらのしげひら)という重罪人と知られている人に「十悪(じゅうあく)といえどもなお引摂(いんぜい)す 疾風の雲霧を披(ひら)くよりも甚(はなはだ)し」と歌います。つまり、「どんな悪人であっても極楽に行けます」と、世間の風評を真っ向から否定をして、重衡の心を救おうとしました。

 静は、今や弟である源義経を敵とみなした兄の源頼朝の前に連れ出されて、歌舞(うたまい)を披露しなければなりませんでした。そこで「しずやしず 賤のおだまき繰り返し 昔を今になすよしもがな」と歌いました。これは「静よ、静と、繰り返し私の名を呼んでくださった義経様。その昔のときのように、義経様のときめく世が、今一度、成せるものならば」という意味です。つまり、静は頼朝に向かって「あなたが天下を取った今よりも、弟の義経が活躍していた時代の方がよっぽどよかった」と歌ったのでした。その歌に頼朝は、怒りをあらわにしたのですが、妻の北条政子は、「なかなかの度胸よ」と、同じ女性として静の命がけの物言いを、敵ながらあっぱれだと言ったのです。

 この三人が後世に名を残した白拍子の物語として語られています。

 900年経った今でも、権力者に堂々とものの言える地位のない人はどれだけいるでしょう?その物語を残した、というのが日本の古典文学でもあることも、なかなか興味深いことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月19日 (水)

白拍子 2

 8世紀ごろに作られた女性の舞と歌を奏するための教習所「内教坊(ないきょうぼう)」は、長元七(1034)年に一度途絶え、それから124年後の保元三(1158)に再び復活しました。舞妓(ぶぎ)に歌い舞わせたるにあたって、「踏歌」と「五節舞」は重要な演目だったのです。
 ときは、後白河が天皇を継承し、年号が保元に改まった保元元(1156)年に、「保元の乱」が始まりました。後白河天皇と崇徳上皇との争いは、平氏、源氏という新興の武家集団抜きに戦うことができなかったことから、武家が政権を握ってゆく始まりを作ったとも言えます。
公家社会の没落を危惧した後白河が、古きよき時代を取り戻そうとしました。
徒然草の二百二十五段には、「藤原通憲(ふじわらのみちのり)が磯禅師(いそのぜんじ)という女におもしろそうな舞の手の振りを選んで教えた」と書かれています。藤原通憲の二人目の妻、藤原朝子(ふじわらのあさこ)は、大治二(1127)年に雅仁(まさひと)親王(後の後白河天皇)の乳母となります。その三十年後に雅仁は後白河として天皇となります。藤原通憲は後白河の側近中の側近として、保元二(1157)年に大内裏(だいだいり)、「天皇の住居」の造営工事に着手し、十月八日に完成。そして翌年の保元三(1158)年正月二十二日に向けて内教坊を復活させ、大内裏で「内宴の儀」を行いました。これらは、後白河の「天皇の威厳」を取り戻すための事業でした。
 「内宴の儀」様子を絵に書き留めたのが年中行事絵巻です。そこには、踏歌の舞の姿も描かれています。
翌年の保元四(1159)年に第二回の内宴の儀が行われました。当時の様子を「百錬抄(ひゃくれんしょう)」は
 「(正月)二一日。内宴の儀。舞手の女性は舞曲を奏する。楚の襄王(じょうおう)が、夢の中で巫山(ふざん)の美女に出会った。そのときの美しい女性を見ているようだ。我が国のめでたさ、賞讃するにふさわしい素晴らしいことである。それが、この舞にはある。信西入道(藤原通憲のこと)は、勅命をうけたまわって、その曲を練習させた。」
 神女に出会うものこそが、国の王の象徴なのだ、という思想。雄略―天武―後白河とつながる五節舞。そして天人、天女が寿ぐ踏歌も、王たるものが見るべき歌舞である。古代の王たる所以(ゆえん)が、後白河の時代に語られようとしたのです。
 しかし、それもほんの束の間、二条天皇の元号へと変わった平治元(1159)年12月、平治の乱が起き、今度は、後白河・平清盛・藤原通憲の勢力が二条天皇・源義朝側に敗北し、実質上のリーダーであった藤原通憲は自害しました。
第二回目の内宴の儀を最後に、再び内教坊は、廃絶されます。神聖ではなく、現実の力が政権を執る。公家の没落、武家の興隆がはっきりと見えてくる時代、それが平安末期です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

白拍子とは

 白拍子(しらびょうし)とは、平安末期に突如現れた、歌いながら舞う女性の歌舞人(うたまいびと)です。
 なぜ、「突如現れた」のでしょうか?
 現在の宮内庁式部職楽部で雅楽の演奏するのは全員男性です。しかし、平安時代のころには、女性の雅楽部「内教坊」という官職がありました。舞踊と音楽を女性に教える部署です。
 おそらく元正天皇(680〜748)または淳仁天皇(733〜765)の時代には出来ていたであろうとされています。
 宮廷(朝廷)の舞踊と音楽を習得した女性たちは、正月十六日の「踏歌(とうか)の節会(せちえ)」や、正月二十日に「内宴(ないえん)」という儀式で演奏を披露していました。
 「踏歌」は正月十六日の「踏歌の節会」で行われました。日本書紀の持統天皇七年(693)正月十六日に「漢人等奏踏歌(あやひとら、とうかをそうす)」とあります。
 「踏歌」は、唐の風習で上元説(一月の十五夜)に行われ、「踏青(とうせい)」と言いました。初春で青草を踏んで大地と人々の生命力を育む儀礼で、男女が群舞となって、大地を足で踏みならし、拍子をとりながら、歌い舞うものでした。
また東の海中の山「蓬莱(ほうらい)」、ここに仙人と共に住む天人天女が、舞いながら、王が永く栄えること、豊作を祈る漢詩を音読したとも言われています。「万年(よろずよ)あられ」という囃し言葉を唱えたために、「あられはしり」とも呼ばれました。
 紫宸殿(内裏(だいり…天皇の住居)の儀式の行われるところ)に天皇が現れて、舞妓(ぶぎ)四十名が扇をかざし、大きな輪を作りながら歩きました。
 
 「五節舞(ごせちのまい)」は、正月二十日の「内宴」に舞われました。この舞妓(ぶぎ)は貴族の子女、のちに公卿、受領、殿上人の娘が選ばれています。
 もともとは田のため、畑作、米作、農作の豊穣を祈る舞だったと言われています。その歌と舞は、王権の力の宿す物語として古事記に現れます。雄略天皇の「吉野」では、雄略が吉野川で見目麗しいおとめと婚(まぐわ)いをして宮に帰ったが、のちに再びそこに戻り、床几(しょうぎ…折りたたみの腰掛)を置いて琴を弾いて、舞をさきほどのおとめに舞わせた。その舞がすばらしかったので、雄略は歌作り歌った。
 呉床座(あぐらい)の 神の御手もち 弾く琴に 舞する女(をみな) 常世(とこよ)にもがも
 (床几(しょうぎ)に座って、神の御手で弾く琴に 舞う女 これが永久にこのままであってほしいものだ。)
 神とは、雄略自身のことを指します。
 のち「続日本紀(しょくにほんぎ)」の天平十五(743)年五月癸卯に五節舞が行われたときに、五節舞の言われが記されています。それは古事記の雄略天皇の吉野の物語をそのまま、天武天皇が都を置いた吉野の浄御原宮で、主人公は天武天皇に置き換えて語られています。のちにも、平安時代中期における年中行事の起源を著した本朝月令(936〜946頃成立)では、「天武天皇が五節の舞を作った」と出てきます。
 天武天皇が吉野の宮の夕暮れに琴を弾いていると、雲気が立ち込め高唐(高句麗、唐)の神女が現れ、舞を舞った。袖を五編翻した。そして五節の歌を歌った。
 をとめども(一)、をとめさびすも(二)、唐玉 を(三)、たもとに纒きて(四)、をとめさびすも (五)
と。
 672年に始まった大海人皇子(のちの天武天皇)と天智天皇の息子の大友皇子の天皇後継者争いの「壬申の乱」は、大友皇子が自決したことによって終わりました。そして翌年の673年に大海人皇子は天武天皇として、吉野の飛鳥浄御原宮で即位しました。
 つまり壬申の乱は、天皇継承が天皇の息子であるべきところを戦いによって弟が継承したという、いわゆるクーデターだったので、天武の正当性を論拠するために「古事記」の雄略天皇の「吉野」と結び付けられたという経緯があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2018年10月 »