« 影〜Shadow〜 | トップページ | よみがえった祈り »

2012年5月23日 (水)

オイリュトミー夜話 ウガリット神話篇 2012

 ルドルフ・シュタイナー(1861-1925)によって、全世界に知れ渡った「シュタイナー教育」、その中の「オイリュトミー」。
 彼はドイツ人なので、A(アー)、B(ベー)、C(ツェー)というアルファベットをひとつひとつ身体表現に置き換えて、文字を身体表現化した。
 ドイツ語、英語、フランス語、イタリア語、スペイン語、つまりアルファベット語の文化圏ならばよし。しかし、その理論を日本に広めたとき、何と日本のオイリュトミストは、日本語をわざわざローマ字に置き換えて、それで、「オイリュトミー」を持ち込んだ。何と言う安易な!
 ここからが、アーティストの再評価だ。「そんなアホなこと、はやく止めてください」と2009年に「いろはにほへと…」を「以呂波耳本反止…」の漢字からすべて、象形文字に置き換えてその象形文字の「絵の物語」を踊ってみせた。
 全く反応、評価なし。それは、いつものことだ。
 
 さて、2007年にイスラエルに行ったとき、イスラエルのオイリュトミストに会った。「ヘブライ語のオイリュトミーはどうしているの?」すると、彼女は、「一度アルファベットに置き換えて、それでオイリュトミーにしている。」
 あー、ここにもアホがいた。いつか、アラビア語、ヘブライ語、ペルシャ語、つまり「セム・ハム語族」と言われている人たちにも、自国の言語のオリジン(起源)に振り返ってほしいと思った。
 しかし、誰も手をつけん。私がイスラエルの書道家(calligrapher)に「パレスチアナ文献」からもう一度、シュメール語の象形文字まで戻ってみよう、と投げかけたのに「私には全く理解できない」と返答が来て…なんで、日本人の私が、紀元前900年のアラム語の「パレスチアナ文献」のから、紀元前1600年前のシナイ語と、紀元前1400年前のウガリット語に翻訳しなければならないのか?なおかつ、それを今のイスラエル人とアラブ人にわかるように、ヘブライ語とアラビア語に、この私が翻訳までしてしまった。
 私の「武勇伝」といえば、2年間、アラビア語学校の試験をいつも60点の及第点で合格し続けたことなのに!
 とにかく翻訳した。
 「アシュタル、カモシュに捧げものを、
  すると魔法をかけられた。
  カモシュの庭で、
  私は何かに取り憑かれ、
  すべての罪を嘆き悲しみ、
  あらわな娘と私は言い争った。」
 アシュタルは、豊穣・繁殖の女神。日本でいえば豊受大神みたいな女神?
 カモシュは、モアブ人(アブラハムの甥のロトが長女と寝て生まれた子どもの子孫)のモアブ王朝の神。
 これはウガリット神話からの文学と思われます。
 しかし、古文は一つの言葉からいろんな解釈ができる。いろいろな単語の解釈があるので、以上の翻訳は一番都合のいいことばを組み合わせただけだ。
 ここまで訳して、イスラエル人は「ヘブライ語になっても私には、わからない」
 ふざけるな~!!!!
 誰か、この方面の言語学者のひと、助けて下さい! 「PG1.JPG」をダウンロード

Pg1


|

« 影〜Shadow〜 | トップページ | よみがえった祈り »

コメント

まーまーそう言わんと・落ち着きなさい・異国の地で孤軍奮闘して・骨折り損の・草臥れ儲けなのじゃな・八方塞がりで・二進も三進も行かんのかね?・そう言う時は一旦休んで・知恵を絞るんじゃ・貴女は見た所・人の遣らない事を・率先して遣っておる・技術は有る様じゃな・協力者が居らんのじゃ・自分以外・誰も居ない場合には・どおしたら良いのか・安心なされい・ちゃーんと味方が居るからのぉ・其れは..「超自己」じゃ・自分の分身じゃよ・どおすれば・呼び出せるのか・簡単じゃぞ「瞑想」をするのじゃ・「祈り」でも良いぞ・禅の様な・難しい物でなくても良いぞ・まー調べれば・色々有るのじゃが・物臭な・節約家の日本人に・向いているのは・「感謝瞑想法」じゃよ・御礼の言葉を・何度も何度も・繰り返して・言ったり祈ったり・言えば言うほど・効果が出て来るんじゃ・個人的なカの差は有るがの・其の言葉の歌を聞いたり・歌ったり・ノートに書いたりして・集中したりすれば・3倍の効果が有るぞい・で~どんな効果が・有るのかと言うと・宇宙エネルギーの・体内への取り込みが・通常値×3000倍位(若しくは無限大)・どうゆう変化が・有るかと言うと・「五感が鋭くなる」・「閃き・直感・気付きが鋭くなる」・「超人・神人・宇宙人レベルになれる」・「願望実現速度が早やまる」・「超能力が身に付き・自然界や異界の存在と・交流出来る」・「UFOや宇宙人と遭遇したりする」・「自分や他人の病気が治ったり・祈り等で治せる様になる」・「地震・火山噴火・台風・豪雨などの自然災害を・コントロール出来る」・「太陽や月などの・惑星生物と交流出来る」・是非遣ってみて下さい⿿

投稿: 絡繰博士 | 2012年9月 5日 (水) 01時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オイリュトミー夜話 ウガリット神話篇 2012:

« 影〜Shadow〜 | トップページ | よみがえった祈り »