« シャバット"sabbat" | トップページ | 悲しむ心、喜ぶ心 »

2008年4月29日 (火)

ユダヤ人の結婚

 <法則 その1>
 もし、母親がユダヤ人の場合は、父親が誰であろうとその子どもは、100パーセントユダヤ人である。
 <法則 その2>
 子どもは100パーセント母親が何人かによる。

 <法律 その1>
 ユダヤ教のコンサーバティブ(正統派)のラビ(司祭)の前で結婚をし、市役所で婚姻届けを出して、結婚が認められる。 
 ユダヤ教の結婚をしないで、市役所に婚姻届けを出しても、結婚が認められる。しかし、だ。

 現在、ユダヤ教には、3つの派閥がある。
 1.オーソドックス(orthodox 正統派)
 2.コンサーバティブ(conservative 保守派)
 3.リフォーム(reform 改革派)
 イスラエルのユダヤ教会のほとんどは、オーソドックス。
 コンサーバティブとリフォームは、アメリカのユダヤ教会に多い。
 イスラエルには「宗教法」があり、その「宗教」とは、ユダヤ教のそれもオーソドックスに限られている。つまり、「イスラエル人=オーソドック(正統派)」なのだ。

<法律 その2>
 オーソドックスのラビ(司祭)の前で結婚した夫婦子どもは、イスラエル人と結婚できる。彼らは、コンサーバティブともリフォームの家庭の子どもとも結婚できる。しかしオーソドックスの結婚式をあげなかった子どもは、イスラエル人とは結婚できない。
 コンサーバティブのラビ(司祭)の前で結婚した夫婦の子どもは、イスラエル人とは、結婚できない。彼らは、コンサーバティブ、リフォームの家庭の子どもと結婚できる。
 リフォームのラビ(司祭)の前で結婚した夫婦の子どもは、イスラエル人とも、コンサーバティブの家庭の子どもとも結婚できない。
 
 もし、イスラエルで「結婚てきない状況なのに結婚したい」場合は、イスラエルの宗教法の治外法権、つまり外国で結婚しなければならない。あるいは、子ども自身が、オーソドックスのユダヤ教徒に改宗することもある。
 
 「もし、オーソドックスの家庭の子どもとして、あなた(つまり、わたし、日本人である白拍子静)がユダヤ人として結婚して子どもを育てたい場合は、簡単なオーソドックスの試験を受ければ、あなたはすぐにオーソドックスになれるし、オーソドックスの家庭を築ける」
 「子どものことを考えたら、普段は宗教的でない生活を送っているイスラエル人も、一応オーソドックスのラビ(司祭)の前で結婚するんだよ。」

 「子どものことを思うと、子どもが成人するまで離婚出来ない」これは、日本人夫婦がよく言うセリフですね。
 これと同じものが、イスラエル人の中には、「子どものことを思うと、オーソドックスのラビ(司祭)の前で結婚する」ことのようだ。

 で、もし、日本人の白拍子静が、断じて、ユダヤ教徒にならず、オーソドックスのラビ(司祭)の前で結婚しなければ…?
 再び、ユダヤ人の<法則 その1、その2>に戻ってみましょう。
 
 “もし、母親がユダヤ人の場合は、父親が誰であろうとその子どもは、100パーセントユダヤ人である。子どもは100パーセント母親が何人かによる!”

 そうです。父親がユダヤ人であろうが、オーソドックスであろうがなかろうが、母親が、断じて日本人であることを捨てなければ、その子どもは100パーセント日本人です。

|

« シャバット"sabbat" | トップページ | 悲しむ心、喜ぶ心 »

コメント

こんにちわ。
私は、イスラエル人の彼がいて、現在イスラエルで暮らしている者です。
お聞きしたいことがあるのですが、
もし、私が彼と改宗せずに、婚姻関係を持つ場合、その手続きは複雑なステップを踏まなくてはいけないのでしょうか?また、子供に後にリスクがある事は理解できたのですが、それ以外に、一般の婚姻と同等の扱いを受けれない事って色々あるのでしょうか?
突然申し訳ありません。
この手の事って、現地の人間に聞いても解らないし、現地日本人も、あやふやな情報しか解らないのです。
もし、ご存知なら教えて頂けますでしょうか?

投稿: Eri | 2012年5月10日 (木) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユダヤ人の結婚:

« シャバット"sabbat" | トップページ | 悲しむ心、喜ぶ心 »