« 清澄庭園 秋の別会 | トップページ | 諸聖人の日の声明的生活 »

2006年10月26日 (木)

<白拍子の起源>…三つの文献より

10月28日(土)に行う清澄庭園での公演のプログラムを書こうと思ったら、どんどん深みにはまって、まずは「白拍子の起源」から、書き始めてしまいました。辛抱強く、忍耐のある方、よかったら読んで下さいませ。

◆『徒然草』225段
 多久資が申しけるは、通憲入道、舞に手の中に、興味ある手どもを選びて、磯禅師といういひける女に教へて舞はせり。白き水干に鞘巻をささせ、烏帽子を引き入れたりければ、男舞とぞいひける。禅師が娘、静といひける、この芸を継ぎけり。これ、白拍子の根元なり。仏神の本縁を歌ふ。其後、源光行、多く本を作れり。後鳥羽院の御作もあり、亀菊に教えさせ給ひけるとぞ。
[訳]多久資(おおのひさすけ)がおっしゃるところによると、藤原通憲(ふじわらのみちのり 1106〜1159)(1)が舞の手の中に、おもしろそうなものだけを選んで、磯禅師(いそのぜんじ)という女に教えて舞わせたのが始まりとか(2)。白い水干(すいかん=公卿の私服、元服前の少年の晴れ着)に、鞘巻(さやまき=人を斬る長い太刀(たち)に添えて挿した鍔(つば)のない短刀。)をささせ、烏帽子(えぼし=貴族が私邸内でかぶった帽子。黒色の紗絹(さけん=薄い絹)で作る)をかぶった姿から、「男舞」と言われる。磯禅師の娘を、静(しずか)という。静は、この芸を引き継いだ。これをもって、白拍子の起源とする。仏や神のちなんだ歌を歌う(3)。その後、源光行(みなもとのみつゆき、1163〜1244)(4)が多く白拍子の歌を作った。後鳥羽院(1180〜1239)(5)の作もある。それを亀菊(かめぎく)(6)という白拍子に教えてさせたと言われている。
[注釈]
(1)藤原通憲…出家して信西(しんぜい)と名乗った。後白河院と結んで一時権勢を極めたが、平治の乱(1159)で追いつめられ、結局自殺してしまう。
(2)藤原通憲は、当時の音楽界の中で、博学あり、奏者としても達人であったと言われている。彼が、朝廷から内教坊(女性の雅楽部門)が廃絶されて、女性の宮廷音楽家が消えてゆくころ、その技術を持った女性音楽家であり、舞踊家である彼女たちを、保護していた、という状況が、「女性の音楽・舞踊家に朝廷の楽部の舞っている舞楽を教えた」という言い方になったのではないか?
(3)朝廷の儀礼音楽のなごりではないか?神、仏に五穀豊穣、天下、万民安穏の祈願するのは、当時は政務であったため。
(4)源光行…鎌倉初期の学者。歌人で多くの和歌を詠んでいる。源氏物語の研究者としても有名で、源氏物語の河内本を校勘(訂正、検討)する。承久の変に連座(処罰を受ける)。白拍子の歌の歌詞の作詞者として知られている。
(5)後鳥羽院…新古今和歌集の編纂を命じた。白拍子の歌も作る。
(6)亀菊…後鳥羽院が寵愛した京都の白拍子。後鳥羽院が亀菊に所領を与えようとして、幕府の地頭(荘園管理の荘官)を停止、すなわち排除しようとしたことが、幕府との対立を起こし、承久の変の一因につながったと言われている。

◆ 「平家物語」巻一『祇王』
白拍子のはじまりける事は、むかし鳥羽院の御宇に、島の千歳・若の前とて、これら二人が舞ひだしたりけるなり。
[訳]白拍子の始まりは、そのむかし、鳥羽院(1107〜1123)の思いもあって、島の千歳、若の前という二人に、舞をさせことが始まりである。

◆『塵添土蓋嚢鈔(じんてんあいのうしょう)』(1)巻二
 白拍子ハ鳥羽院ノ御時ヨリ出来ス。
 [訳]白拍子は、鳥羽院の作から始まったものである。

 [注釈]
 (1)室町時代に成立した辞典

|

« 清澄庭園 秋の別会 | トップページ | 諸聖人の日の声明的生活 »

コメント

Hello Shirabyoshi san!

I am a Swedish performer who writes my master thesis on how I performed like Shirabyoshi in Sweden, with the help of 13 years study of nihon buyo.

I would like to read what you have written. Did you write anything in English, German or French?

Here is something written in Japanese about my performance 2012:

http://studiobuji.wordpress.com/2012/06/04/taeko-svensson-san-skriver-pa-japanska-om-forestallningen-faller-damm-faller-regn/

投稿: Ami Skånberg Dahlstedt | 2013年11月 2日 (土) 18時26分

Dear Ami-san
Thank you for having a interesting of my blog.
I find some explanations about Shirabyoshi by English.
If you need it, I will send you. Please let me know your mail address.

投稿: Makiko Sakurai | 2013年11月 2日 (土) 20時15分

Makiko Sakura san,

学生ですか
私のイメイルは
amimaisha (at) gmail.com

ありがとうございました

亜美

投稿: Ami Skånberg Dahlstedt | 2013年11月 3日 (日) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <白拍子の起源>…三つの文献より:

« 清澄庭園 秋の別会 | トップページ | 諸聖人の日の声明的生活 »